クレオパトラの都市伝説

世界三大美女に数えられるクレオパトラ。紀元前50年ごろのエジプトの女王で、カエサルなどと同時期に活躍した人物です。そのクレオパトラの美の秘訣は実は精液にあったのではという都市伝説があるのです。

というのももともとクレオパトラは大の男好きで、気に入った男を見つけてはセックスに興じていたと言います。その時妊娠するといけないので、基本的にはオーラルセックスを楽しんでいました。そのオーラルセックスにはフェラも含まれるのですが、自ら搾り取った精液を飲むことで美肌を保っていたと言われているのです。

精液の8割はアルギニンというアミノ酸をもとに作られていますが、アルギニンには成長ホルモンを活性化させる働きがあります。成長ホルモンの働きには傷や疲労の回復に加え、肌を整える効果もあります。寝不足は肌荒れのもとと言われますが、寝不足だと成長ホルモンが働かなくなるため、肌に悪影響を及ぼしてしまうんですね。それくらい肌にとって成長ホルモンは大切なのです。

また精液には亜鉛も含まれます。亜鉛は肌の新陳代謝を促し、肌荒れや乾燥、老化を防いでくれます。逆に亜鉛が少ないと肌荒れしやすくなり、肌もカサつきやすくなるため、亜鉛を十分に摂取できていたクレオパトラの肌はキレイだったと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>