精子の質は妊娠率に直結する

精子や精液の量も持ちろん妊娠率に影響しますが、それ以上に精子の質こそが妊娠率に直結します。質の良し悪しは精子の運動率の高い低いで判断されます。専門機関で精子の検査をすれば運動率は調べることができます。

この運動率が低いといくら精子が多くても受精の確率は減りますし、さらに奇形精子の数も増える傾向にあるため妊娠後にも影響があるとも言われていますから、精子の質は非常に重要な要素なのです。

ではどのように質を上げればいいかと言うと、ポイントは2つです。

まず一つは亜鉛をしっかりと摂取することです。亜鉛は睾丸の働きを活性化して精子の生産を助けてくれる働きがあるからです。新鮮な精子が多ければ多いほど運動率も高まりますから、精子の生産力は質の良さにつながってくるのです。

もう一つは定期的に射精をすることです。実は精子はあまり貯め込み過ぎると古い精子の比率が高くなり、運動率が下がって質が落ちてしまいます。世界保健機関でもそれは確認されていて、精子を正しい検査をする場合は前回の射精から10日以内に射精された精子で調べるべきであるとされています。

つまり10日以上射精しないでいると精子が古くなって本来の力が発揮できないということになります。妊娠率アップのために射精を我慢して貯めておくというのは実は逆効果だったんですね。

なのでしっかりと亜鉛を摂り、定期的に射精をすることが質の良い精子を保つための秘訣となります。

精子の運動率アップ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>